投稿者のアーカイブ

AppSheetお試し5「合計を表示して遷移調整」

AppSheetお試し4「集計したりチャートにしたり」の続きです。

前回の最後に書いたようにすべての’出費’の合計を確認する方法がありません。
コレをどうにかします。
(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail

AppSheetお試し4「集計したりチャートにしたり」

AppSheetお試し3「情報表示を整える」の続きです。

前回の内容くらいまでだとかなり直感的でいい感じなんですが、これからはAppSheet先生に「どうにかなりませんかね〜」とご機嫌をうかがいつつパズルを解いていくみたいな様相になっていきます(解けるとは言っていない)
(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail

AppSheetお試し3「情報表示を整える」

AppSheetお試し2「Columnsを良い感じに」の続きです。

前回、Calendarに全く触れないの変だとおもいませんでした?


こんなことになってたんですねー。ランダム文字列が表示される地獄絵図。
というと大げさですが、’ID’が表示されても意味不明なわけで。
(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail

AppSheetお試し2「Columnsを良い感じに」

AppSheetお試し1「スプレッドシートから生成してみる」

ノーコード・ローコード開発周りを眺めてみたところAppSheetがかなり良さそうだったので調査してます。

チュートリアルやって、見つけた日本語情報をあらかた読んで、すこし英語の情報も読んだのでそろそろなにかサンプルでも作ってみようと思います。

AppSheetをさわっていたらGoogleスプレッドシートから2015年のツーリング出費表が出土したのでコレをベースにしましょう。


自分用メモなので項目名なし、途中に集計があったりでベースにするには構造がアカン感じです。
(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail

PostgreSQLのちょっとしたサンプルに便利(そう)なElephantSQL

以前ElephantSQL(https://www.elephantsql.com/)がちょっとしたサンプルに使うのに便利そうだなと思ったのですが、思い出せなくてモヤモヤしたり社内Slackに書いたはず〜と検索したりしたのでメモっておきます。

Pricing(https://www.elephantsql.com/plans.html)を見ていただければわかりますが、Tiny Turtle というFREEプランがあるんですよ。データが最大20MBで5同時接続までですけど。

子亀ちゃん、作っていきましょう。


(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail

Nuxt.js 開発サーバーでのSSEがランダムポートになって困ってた

説明しよう!

  • Nuxt.js で開発やってると開発サーバーを使うでしょ?
  • プログラム修正したら自動的にビルドしてくれて素敵!
  • そして画面を自動リロードしてくれて親切!

なんです。

ところで、Nuxt Screens Module(https://github.com/nuxt/screens)がローディング表示のためにSSE(Server-Sent Events)を使ってまして、最近、使用するポートがランダムになりました。

この変更は開発中のパフォーマンス問題への対策らしいです。良いことです。
しかし特定ポートをフォーワードして開発している人なんかは困ったことになります。
僕とか。
(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail

CORSに@nuxtjs/proxy

Nuxt.js でspaの開発やってたら普通は開発サーバーを使いますよね。
例えばyarnをパッケージマネージャーに採用している場合だと

$ yarn run dev
yarn run v1.21.1
$ nuxt

   ╭───────────────────────────────────────────────╮
   │                                               │
   │   Nuxt.js v2.12.2                             │
   │   Running in development mode (spa)           │
   │                                               │
   │   Listening on: http://127.0.0.1:3000/   │
   │                                               │
   ╰───────────────────────────────────────────────╯

ℹ Preparing project for development                                                                                                                            13:54:32
ℹ Initial build may take a while                                                                                                                               13:54:32
✔ Builder initialized                                                                                                                                          13:54:32
✔ Nuxt files generated                                                                                                                                         13:54:32

✔ Client
  Compiled successfully in 25.76s

ℹ Waiting for file changes                                                                                                                                     13:55:00
ℹ Memory usage: 241 MB (RSS: 451 MB)                                                                                                                           13:55:00
ℹ Listening on: http://127.0.0.1:3000/                    

といった感じ。通常だとポートは3000になります。

サーバー側APIは別のポートで提供することになるので別オリジンになり、そのままだと開発中にAPIアクセスができません。

(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail

Firebase Cloud Functions のNode.js 10更新、わたしの場合

2020年5月某日、

「Node.js 8のFunctionは来年3/15には止まるから10にしてね。あと、10は無料プランじゃ使えないからそこんとこヨロシク」(要約)

というメールがGoogleさんから来ました。

詳しくはその内容を整理してくださってるステキな記事をどうぞ。

【Firebase】Cloud Functionsが従量課金プランでしか使えなくなるらしい
(https://qiita.com/azukiazusa/items/edd6ca9cba2d48c4c3e2)

1年くらい前(2019年3月末)にリリースしたシステムが該当しており放置すると来年の3月には死
あの時はまだNode.js 8すらベータ版だったやんか。1年でこんなことになるとは…

(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail

Go言語のお勉強でSSHクライアント

次の案件でGo言語を使いたいと思って勉強しているmuraveさん、サーバー間連携で使うかもしれないと”golang.org/x/crypto/ssh”を使用するサンプルを作ることにしました。

goでsshクライアントの実装メモ – Qiita

Golangでターミナル接続できるsshクライアントコマンドを作成する(制御キー対応) | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

上記の記事を参考にしてSSHクライアントを書いてみました。

コマンドラインの解析にはflagパッケージを使用し、公開鍵認証のみ対応です。

(さらに…)

Facebooktwitterlinkedintumblrmail