user icon

funcphoneの転送費用についてドドン!とまたまた全て内訳を公開します!!

弊社が提供しているクラウドサービス「funcphone(ファンクフォン)」では、通話転送留守録グループ着信内線電話音声自動応答機能(IVR)などの機能を、自由に設定しお使いいただけるサービスなのですが、初期費用 無料!ライトプランですと月額費用 2,000円(税込) でスタートできます!

今回は 思い切って自社運用しているfuncphoneの費用の内訳を公開します! の続編として、以前より何度かお客様からもお問い合わせがあったfuncphoneの転送費用についてお話します。

現在弊社では、funcphoneと並行して別途通信事業者の転送サービスを使い、既存の電話番号「095-840-0021」からfuncphoneの050番号への転送も行なっています。

実際に転送サービスの費用を比較すると…


通信事業者 A社の場合 内訳

[2017年 7月 ]
回線使用料(基本料) 3,030 円
転送サービス月額 650 円
IP電話への転送料金 3,704 円
定額料、ユニバーサル料金など 271 円

合計 7,655 円

[2017年  8月 ]
回線使用料(基本料) 3,030 円
転送サービス月額 650 円
IP電話への転送料金 2,300 円
定額料、ユニバーサル料金など 272 円

合計 6,252 円


funcphoneの場合 内訳

[ 2017年 7月 ]
電話番号 約 109円/番号1個
月額 2,000円
発着信料金 約 3,483円(転送以外の通常の発着信通話料や開発用のテスト発着信料も含んでいます)

合計 約 5,592 円

[ 2017年 8月 ]
電話番号 約 109円/番号1個
月額 2,000円
発着信料金 約 4,031円(転送以外の通常の発着信通話料や開発用のテスト発着信料も含んでいます)

合計 約 6,140 円


一見さほど変わらないようにも見えますが、funcphoneの発着信料金は転送以外の通常の通話料も含まれている為、そちらも差し引くとかなりお安くなります。(残念ながら転送料金は発着信料金と合算扱いになり転送のみの正確な料金は確認できません;)

しかも、funcphoneでは転送のみではなく、インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでも!好きな時に!!好きなだけ!!!転送先電話番号を変更することができます。

更に…

  • 時間や曜日を指定して自動応答/転送など自動で切り替え
  • 着信元の番号によって自動応答/転送など自動で切り替え
  • 番号1を押すと「Aへ転送」2を押すと「営業時間を読み上げ」などの分岐登録
  • 読み上げて欲しいテキストを登録し自動音声で読み上げ

など、他にも様々な機能を組み合わせてお使いいただけますので、用途によって独自の設定が可能です

7日間無料トライアルでお試しいただけますので、ご興味のある方はぜひ!この機会にご検討ください!!
funcohoneの紹介ページはこちら

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

タグ:

名前
E-mail
URL
コメント