user icon

High Sierra にアップグレードしててヤラレる

muraveです。

開発機のリプレースを考えていたのですが、今のマシンを延命することにしました。
ディスクの残容量がカツカツでちょくちょくディスクフルになるのを除けばあまり不満ないなって。

樹脂部品がヤラレてワレたりとかはありますが。

そこで覚悟を決めてEl Capitanで止めてたOSのアップグレード、SSDの載せ替えを行ったのですがHigh Sierraさんに2点程かなりヤラレましたのでメモを残しておきます。

GUIDなパーティションの作り方がわからなかった

OSをインストールするにはGUIDなパーティションでなければならないのですが、GUIDなパーティションにする方法がわからずハマる。

消去するときに方式で「GUIDパーティションマップ」を選べば良いと言われましても

方式の選択がないんですが。

実はディスクユーティリティ、デフォルトの「表示」が「ボリュームのみを表示」になっていてこの状態だとどうやってもでてこない(たぶん)

上の「表示」メニューから「すべてのデバイスを表示」に変更してデバイスを選択すると

でた!

そのときのお気持ちです。

昔からでしたっけ?

セキュリティでブロックされたソフトを許可できない

諸般の事情(ディスクユーティリティでの旧システム用SSDから新への復元に失敗しまくってあきらめた)で新しいSSDにOS(High Sierra)をクリーンインストールして Time Machine から移行という手順になりました。
すると移行の際 Vmware Fusion などがセキュリティでブロックされて「必要ならセキュリティとプライバシーから許可しろや」的なダイアログ(正確なのは忘れた)が大量表示。とうぜんこれらのソフトは正常動作しない。ツライ。

お言葉の通り「セキュリティとプライバシー」から許可しようとして反応しない。Dockerなどモノによってはアンインストールご再インストールしたら復旧したものもありましたが、Vmware Fusionは再インストールしても状況がかわらず。絶望。

しかし「セーフモードだと許可できることがおおいらしい」との情報をみて試してみたら、許可できました!セーフモードについてはこちらをご参照ください。

セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける

起動時にshift押しっぱなしでセーフモードでブートします。現場からは以上です。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

タグ:

名前
E-mail
URL
コメント