‘Python’ カテゴリーのアーカイブ

IronPythonとジェネリックと初期値わたし

C#勉強会に行って自己紹介で「MVVMパターン用のフレームワーク使ってViewとViewModelはC#、ModelはIronPythonで書います」と言ったら微妙な空気になりました、夏。

muraveです。

というわけでC#とIronPythonを組み合わせて書いてます。基本的に配列や辞書は便利なのでPythonのモノ使ってましたがパフォーマンス・チューニングやっててジェネリック使ったほうがいいところもあるかな、と。

IronPython側でのジェネリックの書き方は知っててたまに使ってたんですが(C#での<>が[]になります)、試したら普通に初期値も与えられるのにちょっと感激。

C#で書くとList<string>の場合

>>> import site
>>> import clr
>>> from System.Collections import Generic as DotNetCollectionsG

>>> dot_l = DotNetCollectionsG.List[str]()
>>> print dot_l
List[str]()

>>> dot_l = DotNetCollectionsG.List[str](['a', 'b'])
>>> print dot_l
List[str](['a', 'b'])

C#で書くとDictionary<string, int>の場合

>>> import site
>>> import clr
>>> from System.Collections import Generic as DotNetCollectionsG

>>> dot_dict = DotNetCollectionsG.Dictionary[str,int]()
>>> print dot_dict
Dictionary[str, int]()

>>> dot_dict = DotNetCollectionsG.Dictionary[str,int]({'a':1 ,'b':1})
>>> print dot_dict
Dictionary[str, int]({'b' : 1, 'a' : 1})

ね♪

helpみたら普通に書いてありました。

>>> help(dot_dict)
Help on Dictionary[str, int] object:

class Dictionary[str, int](object)
 |  Dictionary[str, int]()
 |  Dictionary[str, int](capacity: int)
 |  Dictionary[str, int](comparer: IEqualityComparer[str])
 |  Dictionary[str, int](capacity: int, comparer: IEqualityComparer[str])
 |  Dictionary[str, int](dictionary: IDictionary[str, int])
 |  Dictionary[str, int](dictionary: IDictionary[str, int], comparer: IEqualityComparer[str])
 |
以下略

えらいなぁ。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

IronPythonでもRequestsが使いたい

Requests: 人間のためのHTTP
http://ja.python-requests.org/en/latest/

Pythonの便利なHTTPライブラリ Requests を IronPython でも使いたいわけです。
こんなことを書いているということは素直には使えないわけです。

一応動作してるかな〜、というところまで行けたのでメモしときます。IronPython は 2.7.3 で、Requests は 1.1.0 です。

ポイントは2つ。

まず一つ目。

sys._getframe が必要なので ipy.exe (or ipy64.exe) に -X:Frames オプションを付けて起動する。

オプションはこんな感じで確認できます。

C:\Users\murave>ipy -help
Usage: ipy.exe Usage: ipy [options] [file.py|- [arguments]]
 <前略>
 -X:Frames                Enable basic sys._getframe support
 <後略>

2つ目。IronPython には idna エンコーディングがないので回避する。

requests の models.py で使用されているので取り敢えずコメントアウト。

idnaで検索すると290行目あたりで使用されてます。

#        try:
#            netloc = netloc.encode('idna').decode('utf-8')
#        except UnicodeError:
#            raise InvalidURL('URL has an invalid label.')

netloc = netloc.encode(‘utf-8’).decode(‘utf-8’) に書き換えてみたりもしたのですが馬鹿らしい気がするのでコメントアウトしました。
おそらくこの影響で「ドメインとURLの国際化」は未対応になってしまってますが、動かないよりはいいかと。

C:\Users\murave>ipy -X:Frames
IronPython 2.7.3 (2.7.0.40) on .NET 4.0.30319.18010 (32-bit)
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import requests
>>> import json
>>> r = requests.get('http://172.16.191.1:8001/api/v1_0/poll/')
>>> r.text
u'{"meta": {"limit": 20, "next": null, "offset": 0, "previous": null, "total_cou
nt": 3}, "objects": [{"id": 1, "pub_date": "2013-03-05T13:51:15", "question": "W
hat\'s up?", "resource_uri": "/api/v1_0/poll/1/"}, {"id": 2, "pub_date": "2013-0
3-06T10:01:35", "question": "\u65e5\u672c\u8a9e\u30c6\u30b9\u30c8", "resource_ur
i": "/api/v1_0/poll/2/"}, {"id": 3, "pub_date": "2013-03-06T13:51:15", "question
": "\u3044\u3044\u3044", "resource_uri": "/api/v1_0/poll/3/"}]}'
>>> res = r.json()
>>> print res['objects'][1]['question']
日本語テスト
>>> payload = {"pub_date": "2013-03-08T20:19:15", "question": "どうかね?"}
>>> r = requests.post('http://172.16.191.1:8001/api/v1_0/poll/', data=json.dumps(payload), headers={"Content-Type": "application/json"})
>>> r 

>>> payload = {"pub_date": "2013-03-08T20:19:15", "question": "putは?"}
>>> r = requests.put('http://172.16.191.1:8001/api/v1_0/poll/1/', data=json.dumps(payload), headers={"Content-Type": "application/json"})
>>> r

>>> r = requests.delete('http://172.16.191.1:8001/api/v1_0/poll/1/')
>>> r

と、requests.get、requests.post、requests.put、requests.delete 動いているようです。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

YAPC::Asia 2012 LTソン muraveスライド&デモ動画

スライド

 

デモ動画

PerlイベントでMobiRubyからIronPythonにつなぐネタをやって比較的スベった感じ。

YAPC::Asia 2012 楽しかった! LTはスベったけど!

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail