user icon

Eclipse RCPの作り方

Eclipse RCPの作り方を紹介します。

(といっても、久しぶりに作ろうと思ったら忘れていたので
今度は忘れないように自分のためのログですが・・。)

①Eclipse RCP
  Eclipse Rich Client Platformの略で、EclipseとJavaの資産が
  使えることが利点になります。

  さらに、一度ソースを書くとWindows Mac Linuxなど
  様々なOS用にコンパイルすることが出来ます。

②プラグインプロジェクトの作成
  Eclipseには内蔵ブラウザがあるので、ブラウザを使ったものを作ってみます。

  1.プラグインプロジェクトを選択します。


  2.リッチクライアントアプリケーションを作成の部分は「はい」を選択して下さい。
   「いいえ」を選択するとEclipseプラグインになります。

  3.特に機能はいらないので「Hello RCP」を選択します。

③とりあえず、起動する。

  右下にあるテストの項目の、「Eclipseアプリケーションの起動」をクリックします。

  何も無い画面だけが表示されます。

④ブラウザ表示用にViewを追加します。
  1.plugin.xmlを開きます。
  2.拡張タブを選択します。
  3.追加ボタンをクリックします。
  4.「org.eclipse.ui.views」を追加します。


  5.追加された「org.eclipse.ui.views」を右クリックして
   以下のようにviewを選択します。

  6.追加されたviewを選択して以下のように入力します。

  7.以下のように「com.lancard.mybrowser.view.MyBrowserView」クラスを作成します。

package com.lancard.mybrowser.view;

import org.eclipse.swt.SWT;
import org.eclipse.swt.browser.Browser;
import org.eclipse.swt.layout.RowData;
import org.eclipse.swt.layout.RowLayout;
import org.eclipse.swt.widgets.Composite;
import org.eclipse.ui.part.ViewPart;

public class MyBrowserView extends ViewPart {

public static final String ID = "com.lancard.mybrowser.view.MyBrowserView";

private Browser browser = null;

public void createPartControl(Composite parent) {
Composite top = new Composite(parent, SWT.NONE);
RowLayout layout = new RowLayout(SWT.VERTICAL);
layout.wrap = true;
top.setLayout(layout);

browser(top);

}

private void browser(Composite top){
Composite obj = new Composite(top, SWT.NONE);
RowLayout layout = new RowLayout(SWT.HORIZONTAL);
layout.wrap = true;
obj.setLayout(layout);

browser = new Browser(obj,SWT.BORDER);
browser.setUrl("https://www.google.co.jp");
browser.setLayoutData(new RowData(800,500));
}

public void setFocus() {
}


}

⑤ブラウザを表示するコマンドを追加します。
  1.plugin.xmlを開きます。
  2.拡張タブを選択します。
  3.追加ボタンをクリックします。
  4.「org.eclipse.ui.commands」を追加します。


  5.追加された「org.eclipse.ui.commands」を右クリックして
   以下のようにcommandを選択します。

  6.追加されたcommandを選択して以下のように入力します。

  7.以下のように「com.lancard.mybrowser.action.MyBrowserAction」クラスを作成します。

package com.lancard.mybrowser.action;

import org.eclipse.jface.action.Action;
import org.eclipse.jface.dialogs.MessageDialog;
import org.eclipse.ui.IWorkbenchPage;
import org.eclipse.ui.IWorkbenchWindow;
import org.eclipse.ui.PartInitException;

import com.lancard.mybrowser.ICommandIds;

public class MyBrowserAction extends Action {

private final IWorkbenchWindow window;
private int instanceNum = 0;
private final String viewId;

public MyBrowserAction(IWorkbenchWindow window, String label, String viewId) {
this.window = window;
this.viewId = viewId;
        setText(label);
setId(ICommandIds.CMD_MY_BROWSER);
}

public void run() {
if(window != null) {
try {
window.getActivePage().showView(viewId, Integer.toString(instanceNum++), IWorkbenchPage.VIEW_ACTIVATE);
} catch (PartInitException e) {
MessageDialog.openError(window.getShell(), "Error", "Error opening view:" + e.getMessage());
}
}
}
}

「com.lancard.mybrowser.ICommandIds」は以下のように記述します。

package com.lancard.mybrowser;

public interface ICommandIds {

    public static final String CMD_MY_BROWSER = "com.lancard.mybrowser.mybrowser";
    
}

⑥メニューを追加してみます。
  メニューを追加するには、自動的に作成されている
  「com.lancard.mybrowser.ApplicationActionBarAdvisor」クラスに以下のように記述します。

package com.lancard.mybrowser;

import org.eclipse.jface.action.IMenuManager;
import org.eclipse.jface.action.MenuManager;
import org.eclipse.ui.IWorkbenchActionConstants;
import org.eclipse.ui.IWorkbenchWindow;
import org.eclipse.ui.application.ActionBarAdvisor;
import org.eclipse.ui.application.IActionBarConfigurer;

import com.lancard.mybrowser.action.MyBrowserAction;
import com.lancard.mybrowser.view.MyBrowserView;

public class ApplicationActionBarAdvisor extends ActionBarAdvisor {

    private MyBrowserAction myBrowserAction;
    public ApplicationActionBarAdvisor(IActionBarConfigurer configurer) {
        super(configurer);
    }

    protected void makeActions(IWorkbenchWindow window) {
    myBrowserAction = new MyBrowserAction(window, "ブラウザ", MyBrowserView.ID);
        register(myBrowserAction);
    }

    protected void fillMenuBar(IMenuManager menuBar) {
        MenuManager fileMenu = new MenuManager("&メニュー", IWorkbenchActionConstants.M_FILE);
        
        menuBar.add(fileMenu);
        
        fileMenu.add(myBrowserAction);
    }
    
}

⑦構成
この時点でプロジェクトの構成はこのようになっています。

⑧起動してみる。

  今度は右上にメニューが出来ていて中にはブラウザメニューがあります。

  ブラウザメニューを選択すると、作成したブラウザビューが表示されます。

⑨製品化する。
  このままだと、Eclipseを起動しないと使えないので製品化する作業をします。

  1.MyBrowserプロジェクトを選択して、右クリックします。
  2.新規メニューから製品構成を選択します。

  3.以下のように入力して、完了ボタンをクリックします。

    「MyBrowser.product」というファイルが追加されます。
  4.「MyBrowser.product」を開きます。
  5.概要タブを選択し、以下のように記述します。

    「新規」ボタンをクリックします。

    次のように入力して完了をクリックします。

    次のようになります。

  6.依存関係タブを選択し、追加ボタンをクリック。
    「MyBrowser」があると思うので選択して「OK」をクリック。

    「必須プラグインの追加」ボタンをクリックします。

  7.起動タブを選択し、以下のように入力します。

  8.概要タブのエクスポートの項目にある
   「Eclipse製品エクスポート・ウィザード」をクリックします。

    ディレクトリーは適当な場所にして、完了をクリックします。

  9.2つのフォルダが出来ます。

  10.mybrowserの中にある「MyBrowser」を起動します。

  11.ちゃんと動きました。
    しかし、ソース上に書いた文字は文字化けします。

⑩国際化対応
  文字がソース上にそのまま書いてあるため、文字化けしている状態になります。
  国際化対応するための機構があるので国際化対応します。

  1.「com.lancard.mybrowser.resource」パッケージを作成します。
  2.「custom_ja.properties」というファイルを作成します。

    ファイルの中は次のように記述します。
MENU=&メニュー
BROWSER=ブラウザ

  3.「com.lancard.mybrowser.CustomString」クラスを作成します。

package com.lancard.mybrowser;

import java.util.Locale;
import java.util.ResourceBundle;

public class CustomString {
private static final String BUNDLE_NAME = "com.lancard.mybrowser.resource.custom";
private static ResourceBundle rb = null;

public static void setBundle(Locale locale) {
try {
rb = ResourceBundle.getBundle(BUNDLE_NAME, locale);
} catch (Exception e) {
rb = ResourceBundle.getBundle(BUNDLE_NAME, Locale.JAPANESE);
}
}

public static String getString(String key) {
try {
String keyValue = new String(rb.getString(key).getBytes("ISO-8859-1"), "UTF-8");
return keyValue;
} catch (Exception e) {
e.printStackTrace();
return key;
}
}

}

  4.既に存在する「com.lancard.mybrowser.Application」クラスの
    startメソッドに次の一行を追加します。
    「CustomString.setBundle(Locale.getDefault());」

public Object start(IApplicationContext context) throws Exception {
CustomString.setBundle(Locale.getDefault());
Display display = PlatformUI.createDisplay();
try {
int returnCode = PlatformUI.createAndRunWorkbench(display, new ApplicationWorkbenchAdvisor());
if (returnCode == PlatformUI.RETURN_RESTART)
return IApplication.EXIT_RESTART;
else
return IApplication.EXIT_OK;
} finally {
display.dispose();
}

}

  5.「com.lancard.mybrowser.ApplicationActionBarAdvisor」の
    文字部分を次のように書き換えます。

package com.lancard.mybrowser;

import org.eclipse.jface.action.IMenuManager;
import org.eclipse.jface.action.MenuManager;
import org.eclipse.ui.IWorkbenchActionConstants;
import org.eclipse.ui.IWorkbenchWindow;
import org.eclipse.ui.application.ActionBarAdvisor;
import org.eclipse.ui.application.IActionBarConfigurer;

import com.lancard.mybrowser.action.MyBrowserAction;
import com.lancard.mybrowser.view.MyBrowserView;

public class ApplicationActionBarAdvisor extends ActionBarAdvisor {

    private MyBrowserAction myBrowserAction;
    public ApplicationActionBarAdvisor(IActionBarConfigurer configurer) {
        super(configurer);
    }

    protected void makeActions(IWorkbenchWindow window) {
    myBrowserAction = new MyBrowserAction(window, CustomString.getString("BROWSER"), MyBrowserView.ID);
        register(myBrowserAction);
    }

    protected void fillMenuBar(IMenuManager menuBar) {
        MenuManager fileMenu = new MenuManager(CustomString.getString("MENU"), IWorkbenchActionConstants.M_FILE);
        
        menuBar.add(fileMenu);
        
        fileMenu.add(myBrowserAction);
    }
    
}

  6.もう一度エクスポートします。
    今度は文字化けしていた部分もきちんと日本語が表示されました。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail
名前
E-mail
URL
コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)