‘.NET’ カテゴリーのアーカイブ

IronPythonとジェネリックと初期値わたし

C#勉強会に行って自己紹介で「MVVMパターン用のフレームワーク使ってViewとViewModelはC#、ModelはIronPythonで書います」と言ったら微妙な空気になりました、夏。

muraveです。

というわけでC#とIronPythonを組み合わせて書いてます。基本的に配列や辞書は便利なのでPythonのモノ使ってましたがパフォーマンス・チューニングやっててジェネリック使ったほうがいいところもあるかな、と。

IronPython側でのジェネリックの書き方は知っててたまに使ってたんですが(C#での<>が[]になります)、試したら普通に初期値も与えられるのにちょっと感激。

C#で書くとList<string>の場合

>>> import site
>>> import clr
>>> from System.Collections import Generic as DotNetCollectionsG

>>> dot_l = DotNetCollectionsG.List[str]()
>>> print dot_l
List[str]()

>>> dot_l = DotNetCollectionsG.List[str](['a', 'b'])
>>> print dot_l
List[str](['a', 'b'])

C#で書くとDictionary<string, int>の場合

>>> import site
>>> import clr
>>> from System.Collections import Generic as DotNetCollectionsG

>>> dot_dict = DotNetCollectionsG.Dictionary[str,int]()
>>> print dot_dict
Dictionary[str, int]()

>>> dot_dict = DotNetCollectionsG.Dictionary[str,int]({'a':1 ,'b':1})
>>> print dot_dict
Dictionary[str, int]({'b' : 1, 'a' : 1})

ね♪

helpみたら普通に書いてありました。

>>> help(dot_dict)
Help on Dictionary[str, int] object:

class Dictionary[str, int](object)
 |  Dictionary[str, int]()
 |  Dictionary[str, int](capacity: int)
 |  Dictionary[str, int](comparer: IEqualityComparer[str])
 |  Dictionary[str, int](capacity: int, comparer: IEqualityComparer[str])
 |  Dictionary[str, int](dictionary: IDictionary[str, int])
 |  Dictionary[str, int](dictionary: IDictionary[str, int], comparer: IEqualityComparer[str])
 |
以下略

えらいなぁ。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

VB.NET + NUnit 2.5 の Assert.Throws で例外のテスト

[ブログ紹介] NUnit 2.5 で追加された Assert.Throws: TDD.NET

を参考に VB.NET の書き方にしただけですが。

Imports NUnit.Framework

Public Class ExceptionTest
    Private Shared Function throwArgumentException(ByVal obj As Object) As String
        Throw New ArgumentException("VarType Error: " & TypeName(obj))
    End Function

    
    Public Sub ArgumentExceptionTest(ByVal obj As Object, ByVal expected As String)
        Dim ex = Assert.Throws(Of ArgumentException)(
            Function() throwArgumentException(obj)
        )
        Assert.That(ex.Message = expected)
    End Sub
End Class

サンプルコードは実際のコードを編集して書きましたが動作確認してないので参考程度に。

.NET のサンプルってC#の場合が多いので「VB.NETではどう書けばいいのかなぁ」ってことも結構あります。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

VS2010+NUnit2.5.10でテストメソッドをデバッグ

VB.NET+NUnitで開発をしていますが、テストをしてもメソッドの戻り値しか確認できず不便だったので、テストメソッドもデバッグできるようにしました。

1.
ソリューションのプロパティからスタートアッププロジェクトをテストプロジェクトに変更。
マルチスタートアップでも可。
2.
テストプロジェクトのプロパティを開いてデバッグの開始動作を[外部プログラムの開始]に変更。
ファイル選択からnunit.exeを指定。
3.
開始オプションのコマンドライン引数にテストプロジェクトのdllを指定。

これでできるはずだったのですが、起動はしてもブレークポイントに反応してくれません。
調べてみると、
[VS2010][NAgile] VisualStudio2010 Express + NUnit でDebug実行ができない場合
こちらのページを発見しました。
どうやら.NET Framework 4.0だとデバッグ実行ができないみたいです。
なので上のページを参考にさせていただいて、nunit.exe.configを編集。

4.
nunit.exe.configのconfiguration内に下の3行を追加。


    

上書きして実行してみると、ちゃんとブレークポイントに反応するようになりました!

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail