user icon

iOSのクラッシュログにシンボル情報を追加する

Appleの審査でリジェクトされた際に、「*.clash」や「*.ips」といった形でクラッシュログが添付されていることがあります。
中身を確認すると以下のような内容になっていますが、このままだとコードのどの部分でクラッシュしたのかが分かりません。

〜一部抜粋〜
Thread 5 Crashed:
1  CoreFoundation                   0x24936b62 0x24831000 + 135152
2  Foundation                       0x255e49f5 0x25575000 + 21531
3  SampleApp                        0x000341d2 0xb000 + 55521
4  libdispatch.dylib                0x32a107b6 0x32a0f000 + 1235

そこで、「symbolicatecrash」というツールを利用してログにシンボル情報を追加することで、クラッシュ箇所を特定出来るようにします。

必要なファイル

  • クラッシュログファイル
  • appファイル
  • dSYMファイル

appファイル及びdSYMファイルはクラッシュログを出力したものと同じものを使う必要があります。
私は以下の方法で取得しました。

1. XcodeのOrganizerを開く
2. 該当ビルド上で右クリックし、「Show In Finder」を選択
3. Finderで選択されているファイル上で右クリックし、「パッケージの内容を表示」を選択
4. 「dSYMs」ディレクトリ内に「*.app.dSYM」が「Products/Applications」内に「*.app」があります

symbolicatecrashの実行

実行環境
・OS X 10.9.5
・Xcode6.1

「symbolicatecrash」は私の環境では以下のパスにありました。

/Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DTDeviceKitBase.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash

長過ぎるのでシンボリックリンクやエイリアスを作成しておくと便利です。

あとは下記コマンドを実行する事で、クラッシュログにシンボル情報を追加したログファイルを作成できます。

    # このコマンドを実行しないと「Error: "DEVELOPER_DIR" is not defined at symbolicatecrash line 60.」といったエラーメッセージが表示されます。
    export DEVELOPER_DIR="/Applications/Xcode.app/Contents/Developer"

    symbolicatecrash クラッシュログファイル dSYMファイル appファイル > crash.log

作成されたcrash.logを確認してみるとシンボル情報が追加され、 SampleController.m の121行目辺りが怪しいことが分かるようになりました。

〜一部抜粋〜
Thread 5 Crashed:
1  CoreFoundation                   0x24936b62 +[NSException raise:format:] + 108
2  Foundation                       0x255e49f5 +[NSJSONSerialization JSONObjectWithData:options:error:] + 62
3  SampleApp                        0x000341d2 __35-[SampleController startSample:] (SampleController.m:121)
4  libdispatch.dylib                0x32a107b6 _dispatch_call_block_and_release + 8
Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail
名前
E-mail
URL
コメント