‘Mac’ カテゴリーのアーカイブ

Mac からのリモートデスクトップ接続で日本語キーボード使う

muraveです。仕事では日本語キーボードな Mac を使ってます。

Windows Server でがんばる系のお仕事がきそうなのでクラウド上に実験環境を作ろうと思いました。

(さらに…)

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

Docker for Mac の使用されていないデータボリュームを削除

murave@ファイルの権限絡みで -v オプションの事を調べていたら今日という日が終わりそう、です。

やりたいことは別にあったんですが、せっかく調べたのでメモを残しておきます。今回、結論は最後に書くので経緯とか読みたくない方は最後まで飛ばして下さい。

データボリュームっていうのは例えば、

$ docker run -v コンテナ上のディレクトリ名 busybox
$ docker volume create --name test-volume

などとすると、

$ docker volume ls                       
DRIVER              VOLUME NAME
local               17e11ebb9fc56e18d99b175d77b0c37b90da561bff07d601279ab7bfc0b0f414
local               test-volume

と言った感じでデータボリュームがホスト上に出来ます。
ランダム文字列な名前のほうは前記docker runのように名前未指定な場合によろしくやってくれてるわけです。問題なのが、コンテナを削除しても基本的にこれが残るってこと。

「開発用RDBをゲットだぜ」シリーズの調査中

$ docker rm -f $(docker ps -aq)

でバンバン動作しているコンテナを含めて全部削除しまくっていたのですが、datastoreのデータボリュームが残りまくっているってわけです。

消さねばならぬ。

(さらに…)

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

Docker公式イメージで開発用RDBをゲットだぜ(MariaDB、Percona Server編)

まえがき

Docker公式イメージで開発用RDBをゲットだぜ(PostgreSQL編)
Docker公式イメージで開発用RDBをゲットだぜ(MySQL編)

に続き予定どおりMariaDB編をお送りします。一言で済むので結論を書くと

「公式イメージのページを読み比べたらMySQLと同じでした。ありがとうございます」

という内容です。ついでに

というわけでPercona Serverの公式イメージのページも見てみたらこれもMySQLの場合と同じ扱いでしたので含めてみましたよ。

Docker for Macを使用しております。

(さらに…)

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

Docker公式イメージで開発用RDBをゲットだぜ(MySQL編)

まえがき

Docker公式イメージで開発用RDBをゲットだぜ(PostgreSQL編)

に続きMySQL編です。Docker for Macを使用しております。はじめるよ〜。

(さらに…)

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

Docker公式イメージで開発用RDBをゲットだぜ(PostgreSQL編)

まえがき

Laravelでの開発時にデプロイ先はMySQLなのに手を抜いて手元の開発機ではSQLiteを使っていたら痛い目にあったりしました、muraveです。

開発環境にあまり影響を与えずにサクッと開発用のRDB(Relational Database)を建てられると素敵ですね。Docker公式イメージを活用すると出来そうです。

RDBというデッカイ単語を使っていますが、自分がよく使うPostgreSQL、MySQL、MariaDBなどについて調べようと思います。MySQLとMariaDB自体はほぼ同じ扱い方ができるRDBですが、公式イメージでの扱いはどうなんでしょうね。

記事にまとめながら試していこうと思います。Docker for Macを使用しており、今回はPostgreSQLです。

(さらに…)

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

Docker for Mac のDockerホストに入るには

どうしたらいいんだろう?

と方法を探していたら以下のページにscreenコマンドでttyに接続すれば良いとの情報がありました。

Docker for Mac プライベートベータを早速使ってみた! – paiza開発日誌

試してみます。

$ screen ~/Library/Containers/com.docker.docker/Data/com.docker.driver.amd64-linux/tty

この後、Enterすると表示が出て、moby login: にrootを入力してEnterでDockerホストに入ることができました。

Docker for Macホストへの接続

添付の画像は私の場合の表示ですが、screenの設定がカスタマイズされているのでおそらく他の方とは異なります。

screen常用者の端末ではカスタマイズされていて他の人には使えないのも常ですので操作方法については別途調べるなどしてください(Ctrl-a ?でヘルプをみることができますがそもそもCtrl-aが変更されていることが多く、例にもれず私もCtrl-zにしてあります)。

私は導入していないのですがtmuxなどでも良いでしょう。たぶん。tmuxについては下記、shunの記事などをどうぞ。

OS X に byobu で tmux 環境をお手軽構築 [2015 冬版]

絶対忘れるのでメモでした。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

Mac基本のキ:アプリを32ビットモードで起動する

仕事始めの朝に食らいまいした。あけましておめでとうございます。

今回のように64ビットアプリでトラブルにあったときに32ビットモードで起動すると回避出来たりすることがありますので覚えておくといいことがあるかもしれません。

そして忘れてずっと32ビットモードで暮らしてしまうかもしれません。使えないよりはいいですけどね。

設定方法はつぶやいてるとおりですが、わかりやすいようにキャプチャとってみました。

contextMenu

右クリックして「情報を見る」

Thunderbird_app_の情報

そして「32ビットモードで開く」にチェック。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

OS X Mountain Lion セットアップ日記 4 Bazaar激闘編

激闘なんかしたくなかった。

MacOSXDownloads – wiki.bazaar.canonical.com

最新の Stable、Snow Leopard (10.6 – Python 2.6) 2.5.0 をインストールしました。
Mountain Lion 用どころか Lion 用のインストーラーもないんだよね。

でも Bazaar Explorer を起動できたので大丈夫だと思っていた、まだ幸せだった、あの頃。

地獄変

盆休み明けにコードの編集始めようリポジトリを選択したら Bazaar Explorer がぶち落ちやがった。

$ bzr explorer
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
〜 250行位略 〜
QKqueueFileSystemWatcherEngine::addPaths: open: Too many open files
QEventDispatcherUNIXPrivate(): Unable to create thread pipe: Too many open files
QEventDispatcherUNIXPrivate(): Can not continue without a thread pipe
zsh: abort      bzr explorer

(´・ω・`)

いろいろ試してみるとターミナルから操作しても bzr-svn プラグインでエラーとなることが判明。

$ bzr log
〜 略 〜
revno: 14
committer: Junya Murabe 
branch nick: trunk
timestamp: Mon 2011-05-09 19:12:41 +0900
message:
  chkPassowordCharをapp_modelに移動。chkFilenameChar作成。
bzr: ERROR: exceptions.ImportError: Unable to load subvertpy extensions: dlopen(/Library/Python/2.6/site-packages/subvertpy/repos.so, 2): Symbol not found: _svn_fs__path_change2_create
  Referenced from: /usr/lib/libsvn_fs-1.0.dylib
  Expected in: /usr/local/lib/libsvn_fs_util-1.0.dylib
 in /usr/lib/libsvn_fs-1.0.dylib

Traceback (most recent call last):
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/commands.py", line 930, in exception_to_return_code
    return the_callable(*args, **kwargs)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/commands.py", line 1141, in run_bzr
    ret = run(*run_argv)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/commands.py", line 673, in run_argv_aliases
    return self.run(**all_cmd_args)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/commands.py", line 697, in run
    return self._operation.run_simple(*args, **kwargs)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/cleanup.py", line 136, in run_simple
    self.cleanups, self.func, *args, **kwargs)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/cleanup.py", line 166, in _do_with_cleanups
    result = func(*args, **kwargs)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/commands.py", line 1158, in ignore_pipe
    result = func(*args, **kwargs)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/builtins.py", line 2895, in run
    Logger(b, rqst).show(lf)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/log.py", line 382, in show
    self._show_body(lf)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/log.py", line 412, in _show_body
    lf.log_revision(lr)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/log.py", line 1558, in log_revision
    lines.extend(self.custom_properties(revision.rev))
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/log.py", line 1476, in custom_properties
    lines = self._foreign_info_properties(revision)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/log.py", line 1498, in _foreign_info_properties
    foreign.foreign_vcs_registry.parse_revision_id(rev.revision_id)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/foreign.py", line 185, in parse_revision_id
    foreign_vcs = self.get(revid.split("-")[0])
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/registry.py", line 177, in get
    return self._dict[self._get_key_or_default(key)].get_obj()
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/registry.py", line 74, in get_obj
    self._obj = get_named_object(self._module_name, self._member_name)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/pyutils.py", line 51, in get_named_object
    obj = __import__(module_name, {}, {}, from_list)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/plugins/svn/mapping.py", line 23, in 
    from subvertpy import properties
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/subvertpy/__init__.py", line 130, in 
    raise ImportError("Unable to load subvertpy extensions: %s" % e)
ImportError: Unable to load subvertpy extensions: dlopen(/Library/Python/2.6/site-packages/subvertpy/repos.so, 2): Symbol not found: _svn_fs__path_change2_create
  Referenced from: /usr/lib/libsvn_fs-1.0.dylib
  Expected in: /usr/local/lib/libsvn_fs_util-1.0.dylib
 in /usr/lib/libsvn_fs-1.0.dylib

bzr 2.6b2 on python 2.6.7 (Darwin-12.0.0-x86_64-i386-64bit)
arguments: ['/usr/local/bin/bzr', 'log']
plugins: bash_completion[2.6b2], bzrtools[2.5.0], changelog_merge[2.6b2],
    colo[0.4.0], email[unknown], explorer[1.3.0], fastimport[0.14.0dev],
    git[0.6.8], keychain[0.1.0], launchpad[2.6b2], loom[2.2.0],
    netrc_credential_store[2.6b2], news_merge[2.6b2], pipeline[1.4.0],
    po_merge[2.6b2], qbzr[0.23.0], rewrite[0.6.3], svn[1.2.2], upload[1.1.0],
    weave_fmt[2.6b2], xmloutput[0.8.8]
encoding: 'utf-8', fsenc: 'utf-8', lang: 'ja_JP.UTF-8'

*** Bazaar has encountered an internal error.  This probably indicates a
    bug in Bazaar.  You can help us fix it by filing a bug report at
        https://bugs.launchpad.net/bzr/+filebug
    including this traceback and a description of the problem.

中央リポジトリは Subversion なので死活問題。

解決編

bzr-svn
先に解決したのは bzr-svn。こいつのエラーが原因で explorer も落ちてるのかも?と思っていたので(違ったのですが)先に対処しました。

エラーメッセージを読むと subvertpy でエラーが出ています。調べると Mercurial でも Mountain Lion で Subversion 連携が動作しなくなったとの情報などありました。

JavelinDev ブログ: Mountain Lionでpython関係のライブラリが動かなくなったのを復旧した手順

bzr-svn も subvertpy でエラーが起きているので入れなおすことにしました。インストールの邪魔になるので、まず、元のファイルをどかします。消すのは怖いので mv しました。

$ sudo mv /Library/Python/2.6/site-packages/subvertpy ~/
$ sudo mv /Library/Python/2.6/site-packages/subvertpy-0.8.10-py2.6.egg-info ~/

そしてインストール。

$ sudo easy_install-2.6 subvertpy

bzr-svn 復活!

$ bzr commit
Committing to: svn+http://###.###.###.###/##/#######
modified app/controllers/jobs_controller.php
/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/plugins/svn/commit.py:252: DeprecationWarning: bzrlib.revisiontree.InventoryRevisionTree._get_inventory was deprecated in version 2.5.0.
  for child_name, child_ie in base_tree.inventory[file_id].children.iteritems():
/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/plugins/svn/commit.py:703: DeprecationWarning: bzrlib.revisiontree.InventoryRevisionTree._get_inventory was deprecated in version 2.5.0.
  return self.old_tree.inventory[file_id]
/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/plugins/svn/commit.py:685: DeprecationWarning: bzrlib.revisiontree.InventoryRevisionTree._get_inventory was deprecated in version 2.5.0.
  old_ie = self.old_tree.inventory[file_id]
/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/plugins/svn/commit.py:303: DeprecationWarning: bzrlib.revisiontree.InventoryRevisionTree._get_inventory was deprecated in version 2.5.0.
  base_tree.inventory[child_ie.file_id].parent_id != child_ie.parent_id):
/Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/plugins/svn/commit.py:364: DeprecationWarning: bzrlib.revisiontree.InventoryRevisionTree._get_inventory was deprecated in version 2.5.0.
  base_tree.inventory[child_ie.file_id].parent_id != child_ie.parent_id):
Committed revision 83.

commit 時に非推奨ワーニング(DeprecationWarning)がでたりしてますが動作しているようです。

Bazaar Explorer
Bug #926439 “Can’t open project in GUI “Too many open files”” : Bugs : Bazaar Explorer

の #9 にあげてくださってる workaround-926439.patch で解決しました。

$ cd /Library/Python/2.6/site-packages/bzrlib/plugins/explorer
$ sudo patch -p0 -b < ~/Downloads/workaround-926439.patch

ここにたどり着くまで、長かった。

調べたりやってみたりしたけどたぶん無駄だったこと

プリインストールの Python が2.7系も入るようになったので(Lionから?)2.6系を使用している Bazaar が動かなくなるという不具合が過去に発生していたようです。コードを見たところこの不具合への対処は入っていました。

Bazaar Explorer が落ちる件、ダウンロードページに「 QT をバージョンアップしてみなよ」とか書いてあるので QT の再インストールを何通りかの方法でやってみましたが症状は変わりませんでした。結果的に Homebrew で入れた QT を使用している状態ですが今回のエラー対処には影響していないとおもいます(たぶん)。

こんな状態だと Bazaar 、オススメできないなぁ。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

OS X Mountain Lion セットアップ日記 3 Xcode&Homebrew etc

Git や Subversion、他もろもろのインストールで必要なのでパッケージ管理システムを入れます。
以前は MacPorts を使っていたのですが最近はめっきり Homebrew です。

http://mxcl.github.com/homebrew/

「Xcode は Mac App Store から入れるんだよな。あとはターミナルから
ruby <(curl -fsSkL raw.github.com/mxcl/homebrew/go) で一発やで〜」 ダメでした。Xcode 入れただけじゃコマンドラインツールが入らなくなったのね。 コマンドラインツールは Xcode の Preferences の Downloads からインストールできました。

さっきも書きましたがHomebrewのインストールはターミナルで

ruby <(curl -fsSkL raw.github.com/mxcl/homebrew/go)

一発です。すばらしい。

あとは心のおもむくままに Homebrew で必要なパッケージを入れていきましょう。

特に Subversion は日本語ファイルの扱いに関するパッチが適用された状態でインストールできるので Homebrew で入れるのをオススメします。

brew install subversion --unicode-path

Homebrew は便利ですが perl と ruby は別の方法で入れます(デフォで入ってますが新しいのを入れる場合の話ね)。

perl は perlbrew。CentOS の場合については以前ブログに書きましたね。

メモ:CentOS 5.5 で perlbrew + cpanminus

基本的に同じです。

ruby は rbenv+ruby-build で入れます。
rbenv と ruby-build 自体は Homebrew でインストールできます。

以前は rvm を使ってたんですが切り替えました。

どちらでも良いと思いますが複数のバージョンを切り替えられるようにしておいたほうがいいです。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

OS X Mountain Lion セットアップ日記 2 Java&NetBeans

コードはNetBeansで書くことが多いので早速インストール!

Javaはいってないので無理いわれました。

「Java入れないとな〜」と検索したら下記ページを見つけました。

Mountain Lion (Mac OS X 10.8)にJavaをインストールする – memo.yomukaku.net

Java入ってない状態でターミナルで

java -version

とかしたらインストールのダイアログ出てくるのね。知らなかった。

Java入りました。こりゃ楽だ。再度 java -version してみましょう。

java version "1.6.0_33"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_33-b03-424-11M3720)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.8-b03-424, mixed mode)

おけおけ。

NetBeansは必要なのを選んでインストールするといいです。ボクは全部入り。

http://ja.netbeans.org/

特に調整せずに使ってもあまり困りません。Eclipseよりセットアップは楽だと思う。

ねこび〜んカワイイです。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail