‘Kolab’ カテゴリーのアーカイブ

CentOS 6.3 に Kolab Groupware をインストール。

さてさて、ども初めまして。弊社のKolab翻訳担当です。
2013.03.11 よりスイスはチューリヒの Kolab Systems AG 社とパートナー提携いたしました。

そこで、今の所、英語ソースしかない、Kolab Groupware のインストールについて、
少しばかりインストールのコツなどをば…。

まず、Kolab Groupware の現行バージョンですが、3.0です。CentOS等のレッドハット系では、
el6、kernel 2.6.32 以降に対応しています。(自宅のCentOS 5.4 に入れようとしましたが、パッケージの依存関係等で入りませんでした。)

無料で利用できるのは、コミュニティ版である、Kolab-3.0-release-community です。

準備としましては…

KVNにて、作成してあるx86_64のREHL6 型の仮想マシンにCentOS 6.3をインストールしてあるものを利用しました。パーティションなどはデフォルトです。(こんな感じ…)

[root@kolab ~]# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/vg_kolab-lv_root
                      5.5G  2.1G  3.2G  40% /
tmpfs                 499M   20K  499M   1% /dev/shm
/dev/sda1             485M   32M  429M   7% /boot

CentOSは、最小構成(minimal)でインストールして、後から、”Base” “Development Tools” をyumでグループインストールしてます。

[root@kolab ~]# yum -y groupinstall "Base" "Development Tools"

次の準備は…

selinux: 無効化

iptables: tcp 25番、80番、110番、143番、389番、443番、465番、587番、636番、993番、995番 を開けます。

/etc/hosts に FQDN、ホスト名を追加。あと、ローカルIPでの名前解決の行を追加。
(DNS持っていて、ローカルIPでFQDNが参照できる場合はいらないです。)

[root@kolab ~]# diff -urw /etc/hosts.orig /etc/hosts
--- /etc/hosts.orig     2010-01-12 22:28:22.000000000 +0900
+++ /etc/hosts  2013-04-01 16:03:29.663819681 +0900
@@ -1,2 +1,3 @@
-127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
+127.0.0.1   kolab.lancard.com kolab localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
+xxx.xxx.xxx.xxx kolab.lancard.com kolab localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
 ::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

あと必要なものが、yum-plugin-priorities です。yumにてさくっとインストールしてください。

[root@kolab ~]# yum -y install yum-plugin-priorities

次に、yumリポジトリを追加します。

EPEL リポジトリ

[root@kolab ~]# wget "http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm"

Kolab-3.0-community-release リポジトリ

[root@kolab ~]# wget "http://mirror.kolabsys.com/pub/redhat/kolab-3.0/el6/development/i386/kolab-3.0-community-release-6-2.el6.kolab_3.0.noarch.rpm"
[root@kolab ~]# yum localinstall --nogpgcheck epel-release-6.8.noarch.rpm kolab-3.0-community-release-6-2.el6.kolab.3.0.noarck.rpm

リポジトリが追加されたら、リポジトリの設定を行います。リポジトリ設定の要点は、

CentOS-Base の[extras] を無効化、その他有効リポジトリの優先度を99に設定。
epel の有効リポジトリの優先度を99に設定。
その他Kolab関連(release、develop)のリポジトリの優先度を50に設定。(develop は後で追加し設定します。)

以上、3点です。

CentOS-Base.repo

[root@kolab yum.repos.d]# diff -urw CentOS-Base.repo.orig CentOS-Base.repo
--- CentOS-Base.repo.orig       2013-02-25 17:57:43.000000000 +0900
+++ CentOS-Base.repo    2013-03-29 11:22:09.810968496 +0900
@@ -16,6 +16,7 @@
 #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
+priority=99

 #released updates
 [updates]
@@ -24,6 +25,7 @@
 #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
+priority=99

 #additional packages that may be useful
 [extras]
@@ -31,6 +33,7 @@
 mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
 #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
 gpgcheck=1
+enabled=0
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

 #additional packages that extend functionality of existing packages

epel.repo

[root@kolab yum.repos.d]# diff -urw epel.repo.orig epel.repo
--- epel.repo.orig      2012-11-05 12:52:17.000000000 +0900
+++ epel.repo   2013-03-29 11:23:46.412942219 +0900
@@ -6,6 +6,7 @@
 enabled=1
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
+priority=99

 [epel-debuginfo]
 name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch - Debug

kolab-3.0-release.repo

[root@kolab yum.repos.d]# diff -urw kolab-3.0-release.repo.orig kolab-3.0-release.repo
--- kolab-3.0-release.repo.orig 2012-08-04 21:58:22.000000000 +0900
+++ kolab-3.0-release.repo      2013-03-29 11:26:20.946866077 +0900
@@ -4,6 +4,7 @@
 enabled = 1
 gpgcheck = 0
 gpgkey = https://ssl.kolabsys.com/santiago.asc
+priority=50

 [kolab-3.0-debuginfo]

kolab-3.0-develop リポジトリの追加

[root@kolab ~]# yum -y install kolab-3.0-community-release-development

前述通り、上記リポジトリと同様に、優先度の設定。release と同じ50にします。

[root@kolab yum.repos.d]# diff -urw kolab-3.0-development.repo.orig kolab-3.0-development.repo
--- kolab-3.0-development.repo.orig     2012-08-04 21:58:22.000000000 +0900
+++ kolab-3.0-development.repo  2013-03-29 11:33:17.334674626 +0900
@@ -4,7 +4,7 @@
 enabled = 1
 gpgcheck = 0
 gpgkey = https://ssl.kolabsys.com/santiago.asc
-
+priority=50

 [kolab-3.0-development-debuginfo]
 name = Enterprise Linux 6 Kolab 3.0 Packages - Debugging Symbols

リポジトリの追加が終わりましたら。Kolab Groupware のインストールを行います。
全コンポーネントを簡単にインストールするには、さくっと一行打つだけです。お手軽です。

[root@kolab ~]# yum -y install kolab

インストールが無事完了したら、Kolabの設定を行います。こちらも簡単。

[root@kolab ~]# setup-kolab

と、セットアップ用のコマンドを打ち、あとは表示されるメッセージに従って、パスワード等を設定していけばOKです。

※※※ setup-kolab に失敗した!! ※※※

さてさて…ここまではすんなり進んでも…このsetup-kolab で引っ掛かる人がおそらくいるのではないでしょうか。
ええ…私も実は、引っかかったクチです (・w・;

私の場合は…「間違ったパスワードを設定してしまい思い出せなくなった。」「ホスト名、ドメイン名が変更になった。」
という事で、再度 setup-kolab を実行したら、エラーが発生して再設定が出来なくなった事です。

そういう時の対処方法です。

・まず、389 Directory Server のサービスを停止します。

[root@kolab ~]# service dirsrv stop

・次に、389 Directory Server の設定ファイル(slapd-ホスト名)を退避or削除します。

[root@kolab ~]# mv /etc/dirsrv/slapd-kolab/ /etc/dirsrv/bk_slapd-kolab

・MySQLのデータベースの削除
(もし…MySQLのrootパスワードがわからなくなってた場合は…MySQLの解説サイトで調べてください(-w-; )

[root@kolab ~]# mysql -u root -p
Enter password:

データベースの一覧を見て、kolab、roundcube というデータベースがある事を確認してください。
この2つのデータベースを削除します。

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| kolab              |
| mysql              |
| roundcube          |
| test               |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)
mysql> use kolab;
mysql> drop database kolab;
mysql> use roundcube;
mysql> drop database roundcube;

これで、再度 setup-kolab が走るようになります。
ホスト名やドメイン名を変更して、setup-kolab を実行してみましょう。

※ちなみに…Kolab Groupware に登録していたユーザやグループ、各ユーザのメールやその他データなどは、
もちろん、吹っ飛んでしまいますので、あくまで、初期導入時にのみ使用できる方法です。

ではでは。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail