user icon

funcphoneを使った営業時間管理

営業時間外は電話受付をしたくないんだよね…
そのような設定もfuncphoneはバッチリ管理できます!

実行したい処理イメージ

週休二日制、祝日休み、平日9:00〜17:00を営業時間と想定します

営業時間内:電話案内を行う
営業時間外:以下のメッセージを流す

「お電話ありがとうございます。株式会社ファンクフォンです。
ただいまの時間は営業時間外となっております。
営業時間は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まです。
恐れ入りますが、営業時間内に改めてお掛け直しください。
お電話ありがとうございました。」

フロー作成

では実際に処理を作成していきましょう!
最初のフロー作成については前回と同じなので割愛させていただきます

イベント

  1. 『CallStart』ペインに『スケジュール』アプレットを設定しましょう
    右メニューにある『スケジュール』アプレットをドラッグして貼り付けてください
  2. 『スケジュール』ペインにて、営業時間の設定を行いましょう
    『営業時間』欄の+マークをクリックすると、営業時間を入力するフォームが出てきますので、
    09:00〜17:00となっていることを確認してください
  3. 次に祝日の設定を行います
    祝日は「2017/01/01,元日」の様に「年(半角数字4桁)/月(半角数字2桁)/日(半角数字2桁),コメント」の書式で入力します
    複数入力する場合は改行を入れて入力しましょう
    カレンダーに書かれてる祝日全部休みジャーイ!という方は「Googleカレンダーから3年分の祝祭日データを取得」リンクをクリックしてください
    入力欄に祝日が出力されます
  4. 『営業時間内のアプレット』『営業時間外のアプレット』の設定を行います
    『営業時間内のアプレット』に『メニュー』アプレット、『営業時間外のアプレット』に『メッセージ』アプレットを設置します
  5. 『メニュー』の設定については、前回の funcphoneを使った電話転送 の記事をご覧頂ければと思います
    『メッセージ』の設定については funcphoneを使った電話振り分け を御覧ください

完了!

  1. 以上で、フローの設定は完了です!
    前回同様フロー画面の右にある『保存』ボタンをクリックし、保存が完了したら『閉じる』ボタンを押します

  2. フロー画面の電話番号の欄を確認して『None』となっていた場合、電話番号を充てましょう
    方法は前回の記事をご参照ください

実際に掛けてみる

番号画面で設定した電話番号に実際に電話を掛けてみましょう(サービス外料金です)
営業時間内に掛けた時と、時間外に掛けたときで処理が違うことを確認できれば成功です!

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail

タグ:

名前
E-mail
URL
コメント